マドリディスタのマドリディスタによるマドリディスタのためのブログ⚽

サッカーをこよなく愛する人、特にレアルマドリードを愛する人を笑顔にさせることを目的に書いているブログです(^^)レアルマドリードの試合を中心に、個人的な意見や独自の角度からの分析をしていきたいと思っております。今年は、ワールドカップイヤーということで、老若男女問わず色々な方とワールドカップで盛り上がることができればと思っております!!どうぞ宜しくお願いします。

クラシコまであと「2日」!レアルで活躍して欲しい3人

クラシコで活躍しそうな選手を
今日と明日に渡り、紹介したいと
思います。

本日はレアルマドリードの選手を
私的に選んだ3選手、紹介したいと
思います。

クラシコで活躍しそうなレアルの選手


クリスティアーノ・ロナウド


f:id:meandhermadridista:20171221221815j:plain


活躍しそうというより、活躍してくれないと困る選手です。

今シーズンは2試合出場停止の影響もあり
リーガ8試合で1得点と調子が
振るいませんでした。
(チャンピオンズリーグでは得点を量産
しているので、一概には不調とはいえないが)

しかしクラブワールドカップでの活躍も
含め直近の公式戦7試合では、8得点と
調子を取り戻しつつあります。

最近のロナウドのプレースタイルが
ドリブラーからゴールゲッターに変わって
きて、よりペナルティエリアで仕事する
機会が増えていて
クラシコでも激しい
マークの中得点が取れれば、ロナウド
調子、そしてリーガ2連覇への逆転の道筋が見えてくることでしょう。

個人的には、ハットトリックを決めて
クラシコロナウドの日にして
欲しいです!



カゼミロ


f:id:meandhermadridista:20171221221829j:plain


カゼミロがいる試合といない試合を、
比較すると守備の強度が全く違います。
ポジション的にはMFという中盤の
プレイヤーですが、レアルマドリード
守備の要と言ってもいいくらい守備が
得意な選手です。

具体的には空いてるスペースを使われる
前に埋めたり、カウンター時などにボールホルダーに寄せ、抜かせずにボールを取るか、相手の攻撃を遅らせるなど
相手のチャンスの芽を摘むのが上手い選手です。

定石通りだと、メッシのマークはカゼミロになり、カゼミロがどれだけメッシを
押さえられるかがバルセロナの得点を防ぐ
ポイントとなりそうです。


最強の盾と矛の対決に期待したいです。


またバルセロナにも同じポジションの
セルヒオ・ブスケツという選手がいるので
どちらが相手により仕事をさせないかも
気になるところです。 



ベイル


f:id:meandhermadridista:20171221221852j:plain


攻撃、守備の選手を紹介したので
途中から試合のリズムを変えられる
スーパーサブを3人目として
紹介したいと思います。

コパ・デル・レイで63日ぶりに復帰し
クラブワールドカップでも活躍したベイルは、スペインの「マルカ」紙の報道では
「今後(コンディションの)後退がなければ、先発に戻るだろう。しかし今のところは、インパクトを与えるサブの役割を担うことになる」とあるように、スーパーサブでの起用が
有力視されています。

ベイルのプレーといえば、ドリブルによる縦への突破力やFK、ヘディングなど
かつてのロナウドを見るかのようなプレーをして、尚且つ守備時に自陣深くまで戻り
守備をする献身性も備え持つプレイヤーで
あります。

また、近年のレアルマドリードでは
ドリブルで仕掛けられるFWがいないため
怪我が多くなければ、ベイルはその役割ができる選手に当たるため、重宝されるべき選手なのです。


そのベイルがベストのコンディションで
途中から入れば、ドリブルというより攻撃に
アクセントが加えられ、得点のチャンスが増え
レアルマドリードの勝利の可能性が益々上がります

怪我さえしなければ、今頃世界で指折りのFWになれたと思うんですけど…(笑)





他にも中盤だとモドリッチ、クロース
イスコなど、DFラインだと
セルヒオ・ラモスマルセロなど、
マドリディスタにとっては言い出したら
切りがないくらい注目選手がいますが、
特に注目しているという意味でいうと
この3選手になります。


相手のバルセロナはリーグ一位と好調をキープしているだけに簡単な試合には
なりそうにありませんが、
レアルマドリードクラブワールドカップの勢いそのままに、バルセロナを撃破して逆転優勝に望みを繋げて欲しいです。 


今日も読んで頂きありがとうございます!



このブログが皆様のお役に立てれば、
幸いです。

ではまた明日!