マドリディスタのマドリディスタによるマドリディスタのためのブログ⚽

サッカーをこよなく愛する人、特にレアルマドリードを愛する人を笑顔にさせることを目的に書いているブログです(^^)レアルマドリードの試合を中心に、個人的な意見や独自の角度からの分析をしていきたいと思っております。今年は、ワールドカップイヤーということで、老若男女問わず色々な方とワールドカップで盛り上がることができればと思っております!!どうぞ宜しくお願いします。

『デポルティエボ戦の得点シーン分析』~ベンゼマとロナウドの連携の良さ~

デポルティエボ戦の試合分析の続きを
早速書きたいと思います。

67分の4点目のシーンと
77分の5点目
を解説したいと思います。


ナバスの高判断(64分の得点シーン)

相手に攻め込まれて、ゴールキーパー
ナバスがキャッチしたところから
得点シーンの攻撃が始まります。


f:id:meandhermadridista:20180128170554j:plain


①右サイドにポジションチェンジして
フリーになっていたロナウド
ナバスがロングスローでパスを出します。



f:id:meandhermadridista:20180128170705j:plain

ロナウドはドリブルしながら
ベンゼマのマーク役だったエスポシトが
数的不利にも能力的にもな右サイドを
カバーしたのを見てから、ベイルに
パスを出します。

ベンゼマエスポシトが自分のマークから、
外れたことを確認してから、がら空きの
中央を駆け上がります。



f:id:meandhermadridista:20180128171303j:plain


④ボールを持ったベイルはエスポシトが
ロナウドに寄せきる前の一瞬を狙い
ロナウドにパスをします。


エスポシトの空けた中央のスペースを
ベンゼマに続き、モドリッチも使い
前線に上がり、中央フリーのモドリッチ
ロナウドがワンタッチパスをして
モドリッチがシュート


意外と見落としがちですが、この時
ベンゼマが左に流れることによって
相手のCBは中央のスペースを消すことよりも
ベンゼマのマークに気を取られ
モドリッチのシュートコースを確保した
ことも注目する点です。


ロナウドベンゼマのコンビネーションで奪った5点目(75分のシーン)

このシーンはベイルがパスカットをして
タメを作りコバチッチにパスを出した
ところから始まります。



f:id:meandhermadridista:20180128172113j:plain


①中央を駆け上がっていたカゼミロに
コバチッチがパスを出します。



f:id:meandhermadridista:20180128172213j:plain

②中央で、エスポシトとキリェルメに
プレッシャーをかけられながらカゼミロは
ルイシーニョが攻撃で高いポジションを取っていたため、空いていた左サイドの
ポジションに走り込んだベイルにパスを
出します。



f:id:meandhermadridista:20180128172538j:plain


③ベイルがドリブルで右サイドを駆け上がり、
CBのアドリアンが引っ張られて
空いた中央のスペースにカゼミロが
走り込みベイルからリターンパスを
もらいます。



f:id:meandhermadridista:20180128181147j:plain


④中央でロナウドベンゼマが入れ替わり
相手CBを撹乱し、ベンゼマファンフラン
エスポシトがつられて
ロナウドがファーでフリーになり
カゼミロからのクロスに合わせてシュート




このシーンはカウンターから相手のSB裏を
狙ったプレーであり、右サイドのカゼミロとベイルのカバーにCB2人が釣り出され
左サイドがLSBのファンフランだけというがら空きの中でロナウドベンゼマという選択肢が2枚ある状況を作り出した時点
でゴールはもう約束されたも
同然でした。


また、勝負どころで攻撃参加する
カゼミロ
の判断力はアンカーで周りを俯瞰してるからこそ成せることなのでしょう。




下位のチームだからとはいえ
レアルらしい攻撃が久しぶりに見られた
気がします。

バレンシア戦に期待です。

今日も読んで頂きありがとうございます。

このブログが皆様のお役に立てれば幸いです。

ではまた!