マドリディスタのマドリディスタによるマドリディスタのためのブログ⚽

サッカーをこよなく愛する人、特にレアルマドリードを愛する人を笑顔にさせることを目的に書いているブログです(^^)レアルマドリードの試合を中心に、個人的な意見や独自の角度からの分析をしていきたいと思っております。今年は、ワールドカップイヤーということで、老若男女問わず色々な方とワールドカップで盛り上がることができればと思っております!!どうぞ宜しくお願いします。

数字で考える レアルマドリードvsパリ・サンジェルマン マッチプレビュー


ついに明日の日本時間4:45に迫った、
レアルマドリードvsパリ・サンジェルマンとの一戦。


レアルマドリードは、チャンピオンズ
リーグ三連覇
という偉業を目指し、
パリ・サンジェルマンは、去年のチャンピオンズリーグの歴史的大敗のリベンジを果たすために、
842億を注ぎ込み大型補強を敢行しました。



f:id:meandhermadridista:20180214211934j:plain



フォーメーション予想

レアルマドリード
カルバハルの出場停止の穴をナチョが埋めて、
あとはベストメンバーで望む可能性が
高いです。

フォーメーションは[4-3-3]と予想しています



f:id:meandhermadridista:20180214211601j:plain



一方のパリ・サンジェルマン
アンカーのチアゴ・モッタを怪我で
欠いており、代わりにディアラ
入っている以外はベストメンバーです。


フォーメーションはレアルマドリード
同じく[4-3-3]です。



f:id:meandhermadridista:20180214211626j:plain




数字で考える試合展望

①2チームの基本情報

レアルマドリードは、直近の10試合で
5勝3分2敗バルセロナ勝ち点17差をつけられ
リーグ戦で4位、カップ戦も準々決勝敗退
今年はあまりいい成績を修められて
いません。


前節のレアル・ソシエダ戦で
ハットトリックを達成して復調した
ロナウドがCLでも調子をキープして
活躍できるのかが鍵になります。




パリ・サンジェルマンは、直近の10試合で
9勝1敗と好調をキープしており
堂々の1位です。

カップ戦でも準々決勝進出を果たしていますが
格下揃いのリーグ戦で、リオン
敗れていることは唯一の懸念材料です。


BBC対MCN~強力な前線3枚による戦い~

BBCの今季の総ゴール数は
『31』で、総アシスト数は『13』
なっております。

内訳は
ロナウド20ゴール5アシスト
ベイルが7ゴール3アシスト
ベンゼマ4ゴール5アシストです。




f:id:meandhermadridista:20180214211654j:plain




一方のMCNレアルマドリード
2倍の数字を叩き出しています。


総ゴール数は64ゴールで総アシスト数は34アシスト
となっております。

内訳は
ネイマール24ゴール16アシスト
カバーニ27ゴール7アシスト
ムバッペが13ゴール11アシストです。



f:id:meandhermadridista:20180214211715j:plain




リーグアンの得点ランキングの
一位と二位をネイマールカバーニ
独占しており、攻撃力で言えば
パリもレアルに負けていません。


一方のレアルマドリード
得点こそ少ないものの、復調しつつある
ベイル、そしてチャンピオンズリーグという大舞台で
得点という形で圧倒的な存在感を出す
ロナウド


ベンゼマの調子というのが唯一気がかりですが
戦術的な動きがコンスタントにできているので
心配は不要です。




③エメリ監督のジンクス

パリ・サンジェルマンの監督である
エメリは、あるジンクスがあります。


それは、レアルマドリードバルセロナを相手に
アウェイゲームでは勝てていない。


バレンシア、セビージャで監督を
務めていた時代には、バルセロナレアルマドリードには
ホームでは14試合4勝6敗4分と中堅クラブの監督と
しては上出来であるが、アウェイゲームに
なると状況が変わります。


アウェイゲームでは、バレンシアの監督時代の
11/12シーズンの0-0の引き分けでの、勝ち点『1』のみしかあげておらず、エメリ監督は監督として
アウェイゲームに弱い監督としてのデータが
あります。



f:id:meandhermadridista:20180214211739j:plain



レアルマドリードのCL無敗記録

実はレアルマドリードは14/15シーズンの決勝トーナメントの1leg以降、、ホーム戦では17試合で
一度も負けていません。


また、アウェイゲームも14/15シーズンの
2legシャルケ戦で破れて以降
、一度も
決勝トーナメントで負けていません。


14/15シーズンの1leg以降の17試合で
14勝3分、総得点数47、総失点数11と
非常に心強いデータもあります。




今日も読んで頂きありがとうございます。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

ではまた!