マドリディスタのマドリディスタによるマドリディスタのためのブログ⚽

サッカーをこよなく愛する人、特にレアルマドリードを愛する人を笑顔にさせることを目的に書いているブログです(^^)レアルマドリードの試合を中心に、個人的な意見や独自の角度からの分析をしていきたいと思っております。今年は、ワールドカップイヤーということで、老若男女問わず色々な方とワールドカップで盛り上がることができればと思っております!!どうぞ宜しくお願いします。

『ジダン監督の大胆采配。勝利の分かれ道は[4-4-2 ]の可変システム』~チャンピオンズリーグ レアルマドリードvsパリ・サンジェルマン~後編

「我々は90分間完璧に勝利に値する試合を示したと思う。今日の勝利はとても重要な勝利だ。良い形で試合をスタートしたね。しかし失点してしまった。けど、この試合はCLだしレアル・マドリードにはあの試合展開の経験がある。試合は90分続き、ホームで良い試合ができた」

チャンピオンズリーグパリ・サンジェルマン戦後に
ジダン監督は、こうインタビューに答えた。


いい形で試合をスタートできたとは
ネイマールへの守備
敵陣内での攻撃的プレッシングのことだろう。



もちろん守備がハマったことは
評価できる点です。


しかしそれ以上に、後半のカゼミロとイスコを
下げた2枚替えのシーンに隠された大胆な
戦術的な交代に私は焦点を当てたいと思います。




f:id:meandhermadridista:20180218192905j:plain



②勝負を分けたエメリの迷采配

前回の続きです。

ダニエル・アウベスの攻撃参加により
右サイドの守備の問題が再び浮上します。

右サイドのダニエル・アウベスが攻撃参加した
裏のスペースをレアルマドリード
カウンターで突く形を、フォーメーションを
変更したにもかかわらず、再び行われました。





f:id:meandhermadridista:20180218192942j:plain




また、PSGの右SBのムニエは
ダニエル・アウベスと比べると守備の強度や
ポジショニングが劣るため、裏に抜かれたり
右サイドのスペースに通され一対一で負けるシーンが前半と比べて、多くなりました。



結果的に右サイドの守備に関して言うと
前半より悪い状況が生まれてしまいました。





③後半2枚替えのジダンの真意

PSGが主導権を握り、レアルマドリード
守備からのカウンターでチャンスを
作るというのが後半の主な流れです。



1-1のままを迎えて
点を取りたいジダンは、まずベイルを投入し
そのあと78分にルカス・バスケスとアセンシオ
投入します。


中盤の守備の要であるカゼミロ
要所要所で輝いていたイスコ
変えたということは、勝負をかけにいくという明確なサインであり、確実にプラン変更が行われます。


まさにその通り、
ルカス・バスケスとアセンシオが入ると
大胆なフォーメーションの変更が
行われました。


それが[2-4-4]の可変システムです。



f:id:meandhermadridista:20180218193031j:plain



前線を交代選手で並べ、中盤にSBが入る
超攻撃型フォーメーションです。


前線の人数を増やし、そしてPSGの弱点である
左サイドを起点に数的優位な状況で
攻めることがジダンの目的でした。


しかし、攻撃は良くても前線に人数を
かけているため、守備が脆くなります。


もちろん、ジダンはそこも計算済みでした。


ボールを取られても守備の際には、
そのままゲーゲンプレスをかけ
数的有利な状況で即時回収します。



f:id:meandhermadridista:20180218193056j:plain



またはボールを奪えそうになければ
サイドのアセンシオとルカス・バスケス
サイドバックが一列下がって
[4-4-2]の守備ブロックを形成します。




f:id:meandhermadridista:20180218193124j:plain



攻撃に厚みを出し、前線からの守備も
継続しつつ、サイドの選手が下がれば
[4-4-2]の守備ブロックも形成できるという
機能的なシステムをジダンは選択して
勝負をかけました。








その結果2得点が生まれました。




PSGの最終ラインが
人より中央のスペースを埋めること、また
中央での攻防を制することに重点を
置いていること、そして相手側の右サイドの
中盤にスペースがあることに気づき

フレッシュな選手にサイドを使わせて
サイドからチャンスを作るというジダン
決断が項を奏しました。










その後は[4-4-2]のブロックを敷いて
守備を固めてPSGに得点を許さず
試合終了となります。



先制された上で逆転して
[3-1]というスコアは非常に素晴らしい結果を
残しました。


3月6日の2legでは、[0-0]、[1-1]の引き分け
[1-2]の敗戦、[1-0]の勝利もベスト8進出が
できるため、この勝利が非常に有利な状況を
生み出しました。


このままベスト8に進出するのか
それともPSGが大どんでん返しを起こすのか。



「まだ何も決まったわけではない。セカンドレグが残されている。不可能なんてことはないよ」


バルセロナで去年奇跡を起こした
ネイマールが語るように
今度はPSGで奇跡を起こすのか?



f:id:meandhermadridista:20180218193516j:plain



2legの主役はネイマールなのか。
それともロナウドなのか。





今日も読んで頂きありがとうございます。

このブログが皆様のお役に立てれば幸いです。

ではまた!