マドリディスタのマドリディスタによるマドリディスタのためのブログ⚽

サッカーをこよなく愛する人、特にレアルマドリードを愛する人を笑顔にさせることを目的に書いているブログです(^^)レアルマドリードの試合を中心に、個人的な意見や独自の角度からの分析をしていきたいと思っております。今年は、ワールドカップイヤーということで、老若男女問わず色々な方とワールドカップで盛り上がることができればと思っております!!どうぞ宜しくお願いします。

『日本との対戦の可能性もあり!?”スリーライオンズ”』~若手の積極起用と戦術家・サウスゲート~ 前編

本日はイングランド代表についての紹介です。


イングランドは、「サッカーの母国」であり
ルーニーベッカムなど有名選手の母国であります。


その2人の他にも有名選手が数多く
いたのにも関わらず、ワールドカップでの
優勝経験は、1996年の1度だけであり
EUROでの成績も1968年の3位が最高成績です。


前回のワールドカップでは、
グループリーグ敗退と残念な成績を
残しましたが、ロシアワールドカップの
欧州予選では8勝2分0敗と好成績を
残し欧州予選10試合中8試合を無失点
18得点
と好成績を残し、予選突破を
難なく成し遂げました。


現代表には、主にプレミアリーグ
活躍している選手が多くベルギーなどと
同じくイングランドも黄金世代を迎えています。



①そもそもなぜ「イギリス代表ではなくイングランド代表」なのか?


実は”イギリス”と呼ぶのは日本だけなのです。


イギリスの正式名称は
「the united Kingdom of Great Britain and Nothern Ireland」です。


日本語訳すると
「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国
なのです。

翻訳でもわかるように、連合王国なのです。

イングランドスコットランドウェールズ
北アイルランド
の4カ国の国から構成されています。

Embed from Getty Images
(getty images 引用)


この4カ国は歴史の中で征服、独立を経て今の姿に
なります。

呼び方の話に戻ると、諸説ありますが
ポルトガル語の「Ingles」、オランダ語の「Engelsch」が訛って「エゲレス」が「イギリス」になったと言われています。


ではなぜ連合国の4カ国の全ての国が
サッカーでは別々の代表として存在するのでしょうか?


理不尽な話かもしれませんが
サッカー母国の特権なのです。

プロスポーツとしてサッカーを成立させるために
1863年に「The football association
(イングランドサッカー協会)
ができました。

それを追うようにして
ウェールズスコットランドアイルランドにも
独自のサッカー協会ができました。


ここからが重要なのですが
FIFAより先にこの4カ国の協会ができたのです。


FIFAは世界大会を開催するにあたり
当時サッカー界に絶対的な権力を持っていた
イングランドの参加が必要不可欠でした。


しかしFIFAが提示したのは、1カ国としての参加であり
イングランドを含む4カ国は、それぞれが独立した協会を持っていることもあり、それに納得を
しませんでした。


それを受けたFIFAは、(予想でしかありませんが)
「影響力のあるイングランドの不参加では
示しがつかない」と思ったのだと思います。

それゆえに今でもFIFAのの主催する大会では
「地域別での参加の承認」をルール化しています。

現在では、4カ国の他にもフェロー諸島
香港、グアム
なども代表チームが
地域別のチームとして活動しています。




②どんな監督が指揮しているのか?

ガレス・サウスゲート
1970年9月3日(47歳)
Embed from Getty Images
(getty images より引用)


イングランド人の監督であり
過去にはU-21の監督を務め、201年の9月に
イングランド代表監督のサム・アラダイスの解任に
伴い、暫定監督としてイングランドA代表
監督に就任して、同年12月に正式に
代表監督に就任しました。



サウスゲート監督の特徴と言えば
若手を積極的に起用し、戦術のオプションを
複数持っている戦術家の監督です。


イングランドは若手の宝庫であり
現に去年のU-17,U-20で世界王者に輝いており、
U-19は欧州選手権を制しています。



DF→ジョー・ゴメス(20)<リバプール>
MF→ルイス・クック(20)<ボーンマス
  ルベン・ロフタス=チーク(21)
    <クリスタルパレス
  
   デレ・アリ(21)<トッテナム   
   ハリー・ウィンクス(21)<トッテナム
FW→ラシュフォード(20)<マンチェスター・U>
  ドミニク・ソランケ(20)<リバプール
  アブラハム(20)<スウォンジー


上記のような若手がA代表で試しており
特にデレ・アリラシュフォード
ロシアワールドカップでも当選確実の選手です。


欧州予選では〖4-2-3-1〗
フォーメーションを使い、予選を難なく突破
したサウスゲートだが欧州予選以降の試合では
守備の安定などを目的に3バック
試しています。



去年の11月の親善試合では『3バック』で
ドイツとブラジル相手に0ー0と
上々の結果を残しました。

③どんな選手がいるのか?


ハリー・ケイン
1993年7月28日(24歳)
188cm/86kg
Embed from Getty Images
(getty images より引用)


現在イングランドプレミアリーグ
トッテナム背番号「10」を背負い、
チームのエースとして現在21ゴールで
得点ランキング2位
と活躍中の選手です。


トッテナムの監督である
ポチェッティーノの元で才能を開花させた
選手の一人でもあります。


ハリー・ケインを一言でいえば
"生粋のCF"です。


空中戦の強さや精度の高いミドルシュートも蹴れ
CFでありながら、サイドに流れ、味方の
上がるスペースを空ける黒子的な動き
得意であり更に一試合の平均走行距離が
10kmを越える豊富な運動量によりチームを
攻守に渡って助けます。




唯一の弱点といえばDFを振り切る
絶対的なスピードがない点です。


ハリーケイン ゴールハンターさらなる高みへ 2017/2018スーパープレー - YouTube
(YouTubeより引用)


アーセナルに烙印を押された幼少時代~

ハリー・ケイン
レアルマドリードマンチェスター・シティから
移籍の噂が絶えません。



しかしケイン本人はトッテナムで、
どうしても成し遂げたいことがあるそうです。

「若かった頃、目を閉じて連想していた。プレミアリーグアーセナルを相手にゴールを奪うことを。そしていま、僕は目を閉じてイメージしているよ。新しいスタジアムで仲間たちと、プレミアリーグのトロフィーを掲げる光景をね」


それがトッテナムプレミアリーグ
制することです。


アーセナルにゴールを奪うというのは
ケインが8歳のときに、アーセナル
アカデミーを1年で放出された苦い過去

リベンジの想いが込められています。


またこうも語っています。


「あの時のショックは計り知れなかったし、悔しかった。その後(3年後)、スパーズ(トッテナムの愛称)に入団できて本当にラッキーだったね。アーセナルと何度も戦えたからこそ、フットボーラーとしてベースを築けたんだ。アーセナルを見返したい、その一心だった。いまでもその想いは変わらない。アーセナル戦でゴールを決める価値は、言葉では説明し切れないんだ」 

そして2015年にはついに
アーセナル相手に2ゴールを奪い、
ケイン自身もそのゴールが
一生忘れないゴールだと語っています。



デレ・アリ
1996年4月11日(22歳)
188cm/73kg
Embed from Getty Images
(getty images より引用)


この選手もハリー・ケインと同じく
トッテナムの選手です。

"トッテナムの心臓"とも言われる
この選手の魅力は、繊細なタッチから
生み出されるドリブルとパス
です。


ドリブルは、足元に吸い付くドリブル
というよりも緩急や方向転換で相手の
逆を取り、抜き去るタイプ
です。


トッテナムの心臓と言われるぐらいですから
パスに関しても一級品で、現在プレミアリーグ
11アシストの活躍
をしています。


特にトッテナムでも前線のユニットで
連携をとっているケインとの
コンビネーションは、ワールドカップでも
ストロングポイントになるでしょう。


デレ・アリの弱点といえば
若さゆえにフラストレーションへの
耐性がなく
、荒さのあるところです。


【世界最高峰の若手有望株】デレ・アリ ゴール&スキル&アシスト 2017/18 - YouTube
(YouTubeより引用)



~幼少期の劣悪な家庭環境からの決心~

デレ・アリの幼少期の家庭環境は
非常に悪かったです。

両親の喧嘩は日常茶飯事であり
離婚後も母親のアルコール依存症
精神が不安定でした。

それゆえにほとんどの時間を外で
過ごしていました。

町の子供達と悪さを繰り返し
麻薬などにも手をつけようとしていました。

しかし、13歳のデレ・アリは泥沼の人生から
抜け出すべき、養子に出る決心をしました。

養子に出された先はジュニアチームで
一緒にプレーしていた親友の家でした。



「彼は辛い幼少時代を送っていた。しかし長年の育成の結果、恐れを忘れてプレーできるようになった」と下部組織MKドンズの責任者ミルトン・ダブ
語っているように、この決断がデレ・アリの人生を
大きく変えました。



16歳でMKドンズでプロデビューし
わずか3年でトッテナムへの移籍を
果たすことになります。



プロデビュー後デレ・アリは、
両親と面会する機会もありましたが、
幼少期のトラウマ的な過去があったため
断固として拒否しています。


また、苗字のアリについて
「アリという姓が自分と関係あるとは全く思えない」という理由から、
16/17シーズンからユニフォームのネームも
「デレ」に変えたほどです。

Embed from Getty Images
(getty imagesより引用)


そんな壮絶な過去を乗り越え
トッテナムイングランド代表で
活躍しているデレ・アリはワールドカップの
活躍次第で、移籍の噂のあるバルセロナ
レアルマドリードへの移籍
も現実味を
帯びてくるかもしれません。




ジャック・ウィルシャー
1992年1月1日(26歳)
172/65kg
Embed from Getty Images
(getty images より引用)

先月の親善試合に約2年ぶり
代表招集された選手です。

現在はアーセナルに所属しており
中盤の控えとしての役割が最近は
多くなっていますが出た試合には
チームに必ず違いをもたらせる選手です。



ウィルシャーの魅力を一言で表すとすれば
"ハイブリッドMF"です。


パスの精度サッカーIQが高く
自らドリブルで仕掛けて局面を打開したり、
球際でのデュエルに強いという攻守両面で
貢献できる選手です。



エジル、ラカゼット、サンチェスのファール
を受けた合計よりもウィルシャー1人の
ファールを受けた回数の方が多いという
データもあり、試合に出ればそれだけ
貢献できる選手だと数字からも理解できます。




逆にウィルシャーの弱点といえば
ドルトムント所属のロイスと同じく
ケガが多いことです。

【ジャック・ウィルシャー】アーセナル&イングランドでのスーパープレイ集!2014 2015 - YouTube
(YouTubeより引用)


ウィルシャーの『魔法の夜』~

ケガに悩まされアーセナルでの出場数が
26歳にして"105"と極端に少ないのにもかかわらず、
アーセナルで背番号『10』を付けているのには
訳があります。

それが
2011年2月16日のチャンピオンズリーグ
決勝トーナメント1legのバルセロナ戦で
ウィルシャーバルセロナ相手に
93%という驚異のパス成功率で試合を
支配して結果的に2-1での逆転勝利に貢献しました。



当然ながら
アーセナル公式サイトでは
マン・オブ・ザ・マッチに選出され
「キャリアで最高の夜だ」と本人も喜びを
語りました。



バルセロナシャビ・エルナンデスからは
「あの晩我々と戦ったウィルシャーのプレーはファンタスティックだったよ」と称賛を受けました。

Embed from Getty Images
(getty imagesより引用)



このときのバルセロナの監督であった
グアルディオラ監督も、
「私は今でもアーセナル戦のことを思い出すんだ。あの時のウィルシャーは強烈な印象を残したよ。まったく素晴らしいプレーだった。」と当時のことを
語っています。
Embed from Getty Images
(getty imagesより引用)


度重なるケガによりアーセナルでの
出場機会が得られずにいましたが、
ラムジーのケガにより2017年12月頃から
代役として先発で出場することが多くなります。


復帰後は、バルセロナ戦のような
圧倒的なクオリティーで試合を支配して
アーセナル現監督のヴェンゲルまでも
ウィルシャーがここまでやれると
思っている者はそんなにいなかった』
と語り、
驚かせました。


驚くべきことに2017年2月には
1年後の未来を予言したかのように
グアルディオラ監督はこんなことも述べています。


ウィルシャーは再びイングランド最高のMFの一人になるだろう。彼は才能に恵まれており、頭が良くてボールキープ力もある。ドリブルの能力が抜きんでているし、センターバックにプレッシャーをかけることができる」

中盤にパスをさばける選手がいないことが
イングランド代表の問題点
の一つでも
あるので、是非ともウィルシャーを使って
今までとは違ったイングランド代表を
表現してほしいです。






イングランド代表の戦術やフォーメーション
というような内容は近日公開予定の後編で
紹介したい思います。


今日も読んで頂きありがとうございます。

このブログが皆様にとってお役に立てれば幸いです。

ではまた!